So-net無料ブログ作成

イアン・ソープ選手はHIV感染症?同性愛者であることを告白!! [水泳]

イアン・ソープ選手はHIV感染症同性愛者であることを告白!!
Ian_Thorpe_with_a_smile.jpg(wikipedia)
シドニー五輪、アテネ五輪で5個の金メダルを獲得し、2006年に引退をした、
競泳自由形オーストラリア代表のイアン・ソープ選手。

圧倒的な推進力で、弾丸のように進むイアン・ソープ選手の勇姿が目に焼き付いている人も多い。
魚雷を意味するtorpedoをもじったThorpedo(ソーピード)の愛称を持ち、
オーストラリア国内では、水泳界の至宝と呼ばれていました。

イアンソープ選手は2006年に引退した後、
もう1度ロンドンオリンピックを目指すとして、2011年に現役復帰を宣言していました。



しかし、引退後は、うつ、アルコール依存症とイアン・ソープ選手の試練が続いていたようです。
とりわけ、2014年4月には、イアン・ソープ選手は感染症を患ってしまい
現役続行は絶望視されているといいます。
感染症自体は、「肩の手術のときの影響」とされてきましたが・・・
ソープ選手の感染症病名等は公開されませんでした。



そこにきて、同性愛者であるという今回のイアン・ソープ選手のカミングアウト。


イアンソープの深刻な感染症とはHIVではないのか。」

などネットでは様々な憶測が飛び交っています。



イアン・ソープ選手には、過去にもゲイではないのか?
HIVに感染しているのではないか?という疑惑はささやかれていました。

大変なイケメン選手で女性ファンに騒がれ、熱烈なアプローチを多数受けているにもかかわらず
イアンソープ選手はこれまでガールフレンドを作ることがなかったといいます。

しかし、ソープ氏の夜間の徘徊や、異常なまでの興奮状態が度々オーストラリア国内で取り沙汰されており。
イアン・ソープ選手はゲイであり、「性的興奮を得るための薬物を使用しているのではないか」
との疑惑が浮上していました。



イアン・ソープ氏に近しい友人の1人でアナウンサーのアラン・ジョーンズ氏は

性的な問題のうわさが絶えないイアン・ソープ選手について

「確かに彼の状態は深刻だった。それ以上、私が付け加えることもないし、したくもない」


とコメントしており、イアン・ソープ選手に同性愛者疑惑が浮上した当時、
かなりその性的問題が深刻で、ご乱行状態であったことを明かしています。
イアンソープ選手自身の性的問題が、コントロールできない程度に至っていたとするなら
HIV感染疑惑もうなずけるところかもしれません。




本人も今回のオーストラリアのテレビ局「ネットワーク・テン」でのインタビューでは、

「大きくなってから自分の性的指向を知り、 それが必ずしも現実のものではないと気付いたときの気持ちを知っています。 私は、自分が誰であるのかを知る前に、ゲイと呼ばれたのです」


と、ゲイ疑惑について、その胸の内を語っているという。



イアンソープ選手は、2012年に自伝「This is me」を出版していて、
その中で子供の頃から重度の鬱と不安症だったことを告白しています。

そこに、スーパースターならではの悩み、勝ち続けることのプレッシャーの重さ、
そして、再度オリンピックを目指すも故障も多く、壁に阻まれたことが
イアン・ソープ選手の精神に重くのしかかったことは確かなようです。

しかし、おそらくは、そこに加えて、イアン・ソープ選手が
同性愛者として折り合えない問題もあったことが今回明かされたといえます。
HIVに感染しているとなればより問題は深刻ですね。



しかし、性同一性障害であることをカミングアウトしたイアン・ソープ氏。
ありのままの姿を見せることが、自身の問題と向き合う一歩となるのかもしれません。






nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。