So-net無料ブログ作成

号泣野々村竜太郎県議、辞職!?兵庫県議会からの辞職要求勧告文で決意! [ニュース]

スポンサードリンク




号泣野々村竜太郎県議、辞職!?兵庫県議会からの辞職要求勧告文で決意


号泣県議として物議を醸した野々村竜太郎兵庫県議の、多数の日帰り出張など政務活動費をめぐる問題。

とうとう、兵庫県議会から号泣野々村竜太郎県議に、辞職を求める勧告文が叩きつけられた!!

これに対し、野々村竜太郎県議は、
「議員辞職を検討している。詳細は議長と相談させていただきたい」と述べ、辞職を示唆した。


兵庫県議会は7日、各会派の代表者会議を開いた。
野々村氏の号泣した記者会見では十分な説明責任を果たしていないとの結論に至り、
県議会は、野々村竜太郎県議本人を呼び、辞職及び政務活動費の返還を要求した。


野々村竜太郎県議の政務費不正支出疑惑をめぐっては、
その記者会見後に2100件を超える苦情が兵庫県議会に殺到していたという。
その中には、野々村竜太郎県議の議員としての不適格性を指摘するものも多く、
野々村竜太郎県議の辞職や政務費返還を要求するものも寄せられていたという。

 
7日に行われた、代表者会議には議長や副議長、各会派の代表者、
議会運営委員会の委員長ら計10人が出席。
野々村氏の過去3年分の政務活動費の使途を再調査することを決めたという。

梶谷忠修議長は「議員が説明責任を果たさず疑惑を抱かせることは遺憾の極み。
築き上げた信用を失墜させ名誉を大きく傷つけたことは極めて重大だ」と述べた。
そして、兵庫県議会として、野々村竜太郎県議に対し、辞職と政務費返還要求をしたという。

具体的には次の3点が盛り込まれた勧告文が野々村氏に手渡されたという。

①県民が納得できるよう説明責任を果たすこと
②説明できない政務活動費は全て返還すること
③説明責任が果たせなければ速やかに議員を辞職すること


これに対し、野々村竜太郎県議は、
「真摯に反省している」「調査に応じ、説明できない支出は返還する」とした上で、
「辞職を念頭に議長と相談する」と述べ、辞職示唆した。



野々村竜太郎県議には、195回に上る日帰り出張をめぐり
極めて不自然だとする指摘がされている。
また、出張がカラ出張であれば、詐欺罪に該当するおそれがあり
辞職するのも間近ではないかとも言われてきた。
このblogでも度々その不自然な出張をめぐる疑惑や辞職の可能性を記事にしてきた。

当ブログの記事はこちら
野々村竜太郎県議はカラ出張?特急運休など不可解出張に浮上した3つの疑問!

野々村竜太郎県議、詐欺罪で辞職も間近か?カラ出張確定!?【出張日は特急運休】




また、号泣野々村竜太郎県議には、政務費のほか、
事務費として計上している切手やクレジット決済の詳細についても疑惑が浮上している。

切手購入に関しては、出張したとされる日に、出張先とは別の場所で切手が購入されていたり、
7ヶ月にわたり10万円以上、合計175万円もの切手を購入し続けていたりする事実が判明している。

当ブログの記事はこちら
「野々村竜太郎県議、切手代詐欺疑惑も?政務費で175万円不自然な大量購入!」

また、クレジット決済については、自宅近くのスーパーで毎日1000円程度の買い物がなされ、
それを事務費として計上しており、その中には39円の商品も存在したという。
しかし、現時点で39円で販売しているのは食品のみしかないとの報道もある。




これまでも、野々村竜太郎県議は、出会いサポートセンターでの嫁探しを実況したり、
職場で思い通りにならないことがあると、相手に対して感情的になりわめきちらしたり
「裁判に訴える」とまで激高するなどもあったという。
号泣記者会見の前から、野々村氏は奇行では有名だったようである。

当ブログの記事はこちら
野々村竜太郎県議の奇行?出会いサポートセンターで嫁募集し実況も!

野々村竜太郎県議は奇行で有名!数々のトラブルと温泉地で名刺を渡さない理由とは?





また、野々村竜太郎県議は、今回問題となった号泣記者会見の前には、
記者に名刺を要求するなどした上で、記者会見内で「感情的にならないよう」申し入れ、
記者に対して恫喝や脅迫の禁止などを言い渡していた。
しかし、そのような申し入れにも関わらず、
感情的になって号泣絶叫してしまったのは、野々村竜太郎県議本人だったようである。



説明責任を果たさなかったばかりか、次々と疑惑が明るみになる野々村竜太郎県議。
これらの行為は、議員としてふさわしい行いとはほど遠いといえる。


野々村竜太郎県議は、兵庫県議会の辞職要求に対し、勧告文の3つの条件に従うことや辞職を検討していることも述べており、
自身の議員辞職の可能性を示唆している。

今後、野々村氏が勧告文に示された3点につきどのように対応するのか、
辞職と政務費返還要求を受け入れるのか注目される。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。